人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

シャネル・ネクサス・ホールにて「A Myth of Two Souls」ヴァサンタ ヨガナンタン写真展を開催

 

 

シャネル・ネクサス・ホールでは、 9月3日から9月29日までフランス人フォトグラファー、 ヴァサンタ ヨガナンタンの日本初の個展「A Myth of Two Souls 二つの魂の神話」を開催する。

2015年にマグナムフォトアワードを受賞し、 2017年にはその年の期待される新進写真家としてICP(国際写真センター)インフィニティアワードに輝いた注目のフォトグラファー。

彼の作品は、 ドキュメンタリーとフィクションの間にある世界を探求している。

 

 

 

 

『ラーマーヤナ』の物語を現代に再解釈した写真展

「A Myth of Two Souls」は、 紀元前300年頃に詩人ヴァールミーキが編纂した『ラーマーヤナ』に着想を得て制作された。

『ラーマーヤナ』はヒンドゥー教の聖典の一つであり、 『マハーバーラタ』と並ぶインド二大叙事詩。

何世紀にも渡って幾度となく書き換えられ、 再解釈され、 現在もインド、 東南アジアで書物だけでなく舞台、 コミック、 TVドラマなどさまざまなメディアを通して広く親しまれている。

物語の登場人物は王国から14年間追放されたアヨーディヤーの王子ラーマとその妃シータ。

国を追われて暮らしているうちに、 シータはスリランカの王ラーヴァナにさらわれてしまう。

これを機に、 二つの王国は戦争に突入することになる。

『ラーマーヤナ』は古典的な叙事詩、 恋物語、 誘拐、 戦争であると同時に哲学的な物語でもある。

ヨガナンタンは、 2013年からインドを北から南へ『ラーマーヤナ』の物語の道筋を辿り、 現地の人々と生活を共にし、 『ラーマーヤナ』からインスピレーションを受けて撮影を行った。

ヨガナンタンの一連の作品は時空の旅という概念を核として、 この古典作品を現代的に読み直すことを提案している。

 

 

 

 

現実とフィクションを行き来する叙事詩的な世界

「A Myth of Two Souls」のストーリーは、 風景写真と『ラーマーヤナ』の役柄を演じる人物の写真によって展開される。

前者は、 『ラーマーヤナ』の中で描写された、 現代インド人にとっては伝説的な風景。

後者は地元の人々に自分の心に刻まれたシーンを演じてもらっている。

4×5インチ大判カメラでモノクロ撮影した作品には、 伝統的な手彩色を学んだインド人画家が着色を施した。

現実とフィクションの境界線が曖昧になった、 叙事詩的な旅へと見る者を誘う。

「A Myth of Two Souls」プロジェクトは現在進行中。

2016年から2020年にかけて、 ラーマーヤナの全7巻に対応する7冊のフォトブック(「Early Times」、 「The Promise」、 「Exile」、 「Dandaka」、 「Howling Winds」、 「Afterlife」、 「Amma」)として出版される。

 

 

 

 

ヴァサンタ ヨガナンタン Vasantha Yogananthan

1985年生まれ、 パリ在住。
ドキュメンタリーとフィクションの狭間を写し出す作品に取り組む。
長年にわたり、 自然光に基づく特有のカラーパレットを展開し、 「A Myth of Two Souls」(2013—2019)
プロジェクトでは、 地元のインド人画家と協働して伝統的な手彩色を復活させた。
本プロジェクトは、 ヨガナンタンが2014年に共同設立した出版社Chose Communeから、 2016年から2020年の間に7冊の写真集として刊行予定。

 

主な受賞歴
「マグナム・フォト・アワード」(2015)
「ルヴァロワ賞」(2016)
「ICPインフィニティ・アワード新人賞」(2017)
「FOAM Talents」(2017)
「カメラ・クララ賞」(2018)

関連サイト

 

 

 

 

INFORMATION

会期:2019年9月3日(火)~9月29日(日)(入場無料・会期中無休)

時間:12:00~19:30(9月3日(火)はトークイベント開催の為17:00にクローズ)

会場:シャネル・ネクサス・ホール

中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4F

公式サイト

 

 

 

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

学芸員が選んだ、至極の50作品を展示。すみだ北斎美術館にて 2020年9月15…

すみだ北斎美術館では、2020年9月15日(火)から11月8日(日)まで、「新収蔵品展 ― 学芸員が選んだおすすめ50…

若手芸術家のための支援事業がスタート! 初回は、泉桐子 個展「WE CAN’T…

横浜市民ギャラリーでは若手芸術家の発表機会を支援する「U35若手芸術家支援事業」が始まる。 初回は、 和紙や墨を用いて…

アフターコロナの時代、演劇の新たな可能性を示した 「巣ごもりシアター」。現在、…

新型コロナウイルス、そして感染拡大防止を目的とした緊急事態宣言下、新国立劇場は記録映像を無料配信するサービス「巣ごもり…

新型コロナウイルス 感染拡大防止のため延期となっていた「モネとマティス ーもう…

ポーラ美術館は、新型コロナウイルス 感染拡大防止のため、 4月3日(金)から休館していた。非常事態宣言解除を受け、6月…

新型コロナウイルス感染症対策のため公演休止の新国立劇場。観賞必須の名作揃いの「…

新型コロナウイルス に係る政府等の要請及び緊急事態宣言を受け、2月26日より全公演中止している、 新国立劇場。5月29…

現代のエコロジー思想に通じる宋元画。1000年前の空間表現に挑戦し続ける婁正綱…

世界各地にコレクターや熱烈なファンの多い、婁正綱(ろうせいこう)。「若き巨匠・婁正綱の世界展 ―コンテンポラリーアート…