人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

アフガニスタンにて卑劣な暴力。襲撃された産婦人科施設にて複数の死者が。繰り返される悲劇。

 

 

アフガニスタンの首都カブールで5月12日、 国境なき医師団(MSF)が支援する産科医療施設が襲撃され、 複数の患者が犠牲になった。

国境なき医師団は犠牲になったすべての人に哀悼の意を表明するとともに、 この卑劣な暴力を強く非難する。

 

 

妊婦や新生児に向けられた卑劣な暴力

襲撃を受けたのは、 カブール市西部のダシュ・バルチ病院内にMSFが2014年に開設した産科病棟。

5月12日、 脆弱な健康状態にある妊婦や産後の母親、 新生児が入院している病棟に、 人数不明の襲撃者がなだれ込み、 その後数時間にわたり爆発と銃撃が続いた。

今回の襲撃で、 複数の患者が命を奪われ、 少なくとも1人のMSF現地スタッフが死亡したとの情報がある。

同病棟は、 55床を備え、 人口約150万人を擁するカブール市の西部で、 これまでにハイリスク分娩を含む5000件以上の出産を介助してきた。

MSFは、 この病棟が襲撃されたことにより、 以前から医療が行き届いていなかったカブール地域の多くの女性と子どもたちが、 医療を受けることがさらに難しくなると懸念している。

 

 

 

今後も医療活動を継続

現在、 患者は近隣の病院へ退避し、 スタッフも安全地帯に誘導された。

今回、 襲撃が続く間にも、 1人の女性が無事に出産し、 現在母子ともに健康が確認されている。

先の読めない状況は続くが、 MSFは新生児のケア、 患者と負傷者への医療提供を継続し、 現場のスタッフへの心のケアや遺族へのサポートも行っていく。

MSFは当面、 この産科病棟の医療活動は中断するが、 閉鎖はしない。

MSFはこれまで以上にアフガニスタンの人びとと連帯し、 医療援助活動を行っていく。

MSFは1980年からアフガニスタンで活動。 2019年には10万件余りの外来診療を行うとともに、 6万件余りの分娩を介助した。

アフガニスタンにおけるMSFのプロジェクトは、 いかなる政府からの資金拠出も受けず、 すべて民間からの寄付で行っている。

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

目覚めよ日本人!原点回帰で狂った時代に立ち向かおう!成田アキラの裸の日本人論【…

1980年台後半から連載が始まった「テレクラの秘密」により、テレクラ文化を牽引。人妻とのリアルな体験を綴った「奥の色道…

神社は誰のものか? 創建1300年の大御和神社で起こった土地売却問題について、…

徳島県徳島市国府町で起こった、「大御和神社」の土地売却問題。前編では「大御和神社を守る会」メンバーそれぞれの想いを中心…

神社は誰のものか? 創建1300年の大御和神社で起こった土地売却問題。揺れる徳…

今、徳島県徳島市国府町では、ある問題が起こっています。1300年以上続く大御和神社。地域のシンボル的存在である神社の土…

「おもちゃで児童労働をなくそう!」不要になった子どものおもちゃ・フィギュア・C…

新型コロナウイルスの影響で外出を控え、 家の整理整頓や を始める人が増える日本。国際協力NGO「シャプラニール=市民に…

南スーダンでの武力衝突。新型コロナウイルス感染症が広がる中、医療の現場はさらに…

国境なき医師団(MSF)は、MSFのスタッフ1人が殺害され、 2人が負傷したことを確認した。 ジョングレイ州は南スーダ…

新型コロナウイルスのワクチンは原価販売で公平な分配を訴える!

新型コロナウイルス感染症のワクチンについて、 Gaviワクチンアライアンス(Gavi)が、 製薬企業と交渉する世界的な…