人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

生誕110年 浜口陽三 銅版画展が、 東京都・中央区にて7/15(月祝)まで開催。

 

 

お醤油の倉庫として使用していた空間をリノベーションした美術館「ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション」。

浜口陽三の生誕110年にあたる今年、近年発見された伊豆関係の資料や、芸術への憧れに彩られたいくつかのエピソードなどを新たに紹介する展覧会『生誕110年 浜口陽三銅版画展 憧れ―伊豆と浜口陽三―』を開催中。

2019年7月15日(月祝)まで。

本展は、優しい線や、ほっと心に灯のともるような銅版画の名作、約50点の構成だ。

 

 

 

 

【展覧会について】

1950年代、パリの美術界に彗星のごとく登場し、新しい作風で人々を魅了した銅版画家・浜口陽三の小さな回顧展。

「さくらんぼ」などをモチーフにした作品は、澄んだ色彩やほのかな光に満ち、見ていると心に灯がともるよう。

浜口は無名時代の一時期、伊豆・蓮台寺に滞在し、作風を育んだ。

本展では、数々の名作と共に、作家の原点ともなった伊豆滞在時の作品や交流を、新発見の資料やエピソードをまじえて初めて紹介する。

 

 

 

 

 

【浜口陽三について】

浜口陽三は創業360年、歴史あるヤマサ醤油第10代目社長濱口儀兵衛の三男として生まれた。

戦後、カラーメゾチントという独特の銅版画技法を開拓、その卓越した技術が創り出す、静謐な世界は多くのファンを魅了している。

1996年にパリ、サンフランシスコでの永い海外生活を終え帰国。本人の賛意もあり、持ち帰った多くの作品を展示する美術館を開設した。

 

 

 

 

【展覧会概要】

タイトル   : 生誕110年 浜口陽三銅版画展 憧れ―伊豆と浜口陽三―

開催日時   : 2019年4月27日(土)~7月15日(月祝)

会場     : 東京都中央区日本橋蛎殻町1-35-7

Tel:03-3665-0251 Fax:03-3665-0257

アクセス   : 半蔵門線 水天宮前駅 3番出口 徒歩1分

入館料    : 当日 大人:600円(500円)、大学生・高校生:400円(300円)、

中学生・小学生:無料

( )内は20名以上の団体料金

主催     : ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション

 

 

 

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

学芸員が選んだ、至極の50作品を展示。すみだ北斎美術館にて 2020年9月15…

すみだ北斎美術館では、2020年9月15日(火)から11月8日(日)まで、「新収蔵品展 ― 学芸員が選んだおすすめ50…

若手芸術家のための支援事業がスタート! 初回は、泉桐子 個展「WE CAN’T…

横浜市民ギャラリーでは若手芸術家の発表機会を支援する「U35若手芸術家支援事業」が始まる。 初回は、 和紙や墨を用いて…

アフターコロナの時代、演劇の新たな可能性を示した 「巣ごもりシアター」。現在、…

新型コロナウイルス、そして感染拡大防止を目的とした緊急事態宣言下、新国立劇場は記録映像を無料配信するサービス「巣ごもり…

新型コロナウイルス 感染拡大防止のため延期となっていた「モネとマティス ーもう…

ポーラ美術館は、新型コロナウイルス 感染拡大防止のため、 4月3日(金)から休館していた。非常事態宣言解除を受け、6月…

新型コロナウイルス感染症対策のため公演休止の新国立劇場。観賞必須の名作揃いの「…

新型コロナウイルス に係る政府等の要請及び緊急事態宣言を受け、2月26日より全公演中止している、 新国立劇場。5月29…

現代のエコロジー思想に通じる宋元画。1000年前の空間表現に挑戦し続ける婁正綱…

世界各地にコレクターや熱烈なファンの多い、婁正綱(ろうせいこう)。「若き巨匠・婁正綱の世界展 ―コンテンポラリーアート…