人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

2020年シュールレアリズム展から始まる、ポーラ美術館

 

 

ポーラ美術館にて、2020年度にご覧いただける企画展覧会をご案内。

現在予定している3つの企画展覧会について、概要をご紹介。

 

 

 

シュルレアリスムと絵画ダリ、エルンストと日本の「シュール」

会期:20191215日(日)~202045日(日)

 

 

2019年はシュルレアリスム誕生から100年という節目。

フランスで誕生したシュルレアリスムは、 理性を中心とした意識では捉えきれない新しい現実を表現することを目指して始まった。

この100年で変遷を遂げたシュルレアリスムの展開と、 フランスから日本、 そしてアメリカ、 アジアにいたるまでのシュルレアリスムの広がりを約100点の絵画、 版画によってたどる。

フランスの詩人アンドレ・ブルトンが中心となって推し進めた「シュルレアリスム」は、 20世紀の芸術に最も大きな影響を及ぼした運動のひとつ。

彼らは理性を中心とする近代的な考え方を批判し、 精神分析学の影響を受けて理性の支配の及ばない無意識の世界に「超現実」を求める前衛的な詩作を繰り広げ、 1924年には「シュルレアリスム宣言」を発表しグループとして活動を始めた。

ドイツ出身の画家マックス・エルンストによる実験的な作品に美しさを見いだすなど、 シュルレアリスムは詩や思想だけではなく絵画の分野にも拡大。

またスペインからこの運動に加わったサルバドール・ダリは「偏執狂的=批判的」方法という独自の理論にもとづいて絵画を制作し、 美術だけではなくファッション界をも巻き込む大きな流行を作り出していきます。

こうした動向は同時代の日本にも伝えられ、 1930年代を通して「超現実主義」という訳語のもと、 最新の前衛美術のスタイルとして一大旋風を巻き起こした。

しかし、 日本では「無意識の探究」という本来の目的を離れ、 現実離れした奇抜で幻想的な芸術として受け入れられる。

そして、 しだいに東洋的な思想と混ざり合いながら独自の絵画表現や「シュール」という感覚が生まれるに至る。

本展は、 西洋におけるシュルレアリスムの運動からどのようにシュルレアリスム絵画が生まれたのか、 さらに超現実主義から、 いわゆる「シュール」と呼ばれる独自の表現への展開に焦点をあてる試みだ。

 

 

 

モネとマティスもうひとつの楽園 
会期:2020423日(木)~113日(火・祝)

 

 

19世紀後半、 近代化する都市を離れ、 パリ郊外のジヴェルニーの自邸に造成した睡蓮の池を繰り返し描いたモネ。

南仏のアトリエを調度やテキスタイルで装飾し、 室内画を制作したマティス。 モネとマティスは、 それぞれ「庭」、 「室内」という描くテーマとなる空間を創りあげ、 画家の理想の楽園ともいうべき環境で絵画を追究した。

19世紀後半に、 近代化する都市を離れ、 豊かな自然に心の平穏を求めて、 郊外や地方で新しい風景を発見したのが、 クロード・モネ(1840-1926)。

終の棲み家となったジヴェルニーにおいて、 画家は思うがままに庭を造成すると、 この私的な敷地をアトリエとして、 睡蓮の連作という自らの理想を実現。

アンリ・マティス(1869-1954)もまた、 室内という環境を自在にいろどり、 装飾的な絵画を制作した。

 

 

南仏のアトリエで、 モデルや衣装、 調度品によって室内を舞台さながらに飾り立てたのち、 画家はその空間を独自の絵画表現へ反映させた。

理想の空間を現実世界に創り出し、 それを主題に作品を制作したモネとマティス。

さらに、 自らの生きる環境でもある庭や室内を理想化した点においても、 彼らは互いに照応する芸術家であると言える。

本展では、 二人の画家の絵画制作において通ずる点を、 海外と国内の作品によって探る。

 

 

 

日本とフランス往還する美(仮)
会期:20201120213月(予定)

 

 

フランスを中心として巻き起こった「ジャポニスム」は、 欧米のデザインや、 伝統を重んじるアカデミックな芸術界にまで広範な影響を及ぼした。

時を同じくして、 開国を機に急速な欧化政策を進める日本からは、 黒田清輝をはじめとする多くの若者がフランスへ留学し、 彼らがそこで学んだ美術はその後の近代日本美術の礎となっていった。

双方の芸術が生み出した「美の往還」を探る。

19世紀の後半から20世紀初頭にかけて、 日本の浮世絵や工芸品が欧米の芸術に大きな刺激を与え、 モネやゴッホなど近代を代表する芸術家たちの重要なインスピレーション源となったことはよく知られている。

フランスを中心として巻き起こったこの「ジャポニスム」は、 欧米のデザインや、 伝統を重んじるアカデミックな芸術界にまで広範な影響を及ぼした。

時を同じくして、 開国を機に急速な欧化政策を進める日本からは、 黒田清輝や安井曾太郎をはじめとする多くの若者がフランスへ留学し、 彼らがそこで見て学んだ美術は、 その後の近代日本美術の礎となっていった。

 

 

 

近代化の進む激動の時代、 日本とフランスという二つの国は、 それぞれに新しい美の基準や価値観を生み出し、 模索する上で、 互いに必要不可欠な存在であったといえる。

パリ画壇の寵児となった藤田嗣治(レオナール・フジタ)による独自の技法や世界観もまた、 日仏両方の要素が絡み合った結果であるといえるでしょう。

大量のモノや情報、 そして人の往来が可能になった時代に、 長い歴史の中で培ってきた双方の芸術が生み出した「美の往還」を検証する試みだ。

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

学芸員が選んだ、至極の50作品を展示。すみだ北斎美術館にて 2020年9月15…

すみだ北斎美術館では、2020年9月15日(火)から11月8日(日)まで、「新収蔵品展 ― 学芸員が選んだおすすめ50…

若手芸術家のための支援事業がスタート! 初回は、泉桐子 個展「WE CAN’T…

横浜市民ギャラリーでは若手芸術家の発表機会を支援する「U35若手芸術家支援事業」が始まる。 初回は、 和紙や墨を用いて…

アフターコロナの時代、演劇の新たな可能性を示した 「巣ごもりシアター」。現在、…

新型コロナウイルス、そして感染拡大防止を目的とした緊急事態宣言下、新国立劇場は記録映像を無料配信するサービス「巣ごもり…

新型コロナウイルス 感染拡大防止のため延期となっていた「モネとマティス ーもう…

ポーラ美術館は、新型コロナウイルス 感染拡大防止のため、 4月3日(金)から休館していた。非常事態宣言解除を受け、6月…

新型コロナウイルス感染症対策のため公演休止の新国立劇場。観賞必須の名作揃いの「…

新型コロナウイルス に係る政府等の要請及び緊急事態宣言を受け、2月26日より全公演中止している、 新国立劇場。5月29…

現代のエコロジー思想に通じる宋元画。1000年前の空間表現に挑戦し続ける婁正綱…

世界各地にコレクターや熱烈なファンの多い、婁正綱(ろうせいこう)。「若き巨匠・婁正綱の世界展 ―コンテンポラリーアート…