人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

北斎特別展「北斎アニマルズ」が開催!2月5日より、北斎美術館にて。

 

 

すみだ北斎美術館は、2月5日(火)から4月7日(日)まで、「北斎アニマルズ」展を開催。

本企画展では、思わずギュッと抱き締めたくなるような動物から、写実的な画法による思いもよらない個性的な表現の生き物まで、表情豊かな北斎アニマルズをご紹介。

 

 

1章 生けるがごときアニマル

北斎は生涯にわたって動物や虫などの絵を描いていますが、中には、動物の動きまで感じられる作品も描いています。

この章では、鳥、動物、動物(猫)、動物(干支)、魚介、虫・爬虫類・両生類と多様な、生けるがごときアニマルが登場します。じっくり観察し、描かれた中でも、どこかユーモアや愛嬌のある姿になる眼の描写は北斎ならでは、とも言えます。

 

 

 

2章 かわいらしいアニマル

本章では北斎や門人が描いた、特にかわいらしい動物の絵を集めました。なかには憎らしいけれども、よく見るとかわいいアニマルもひそんでいます。

定規とコンパスで描いた猿、門人による精到な犬など、愛嬌のある動物の姿をご覧いただけます。ほのぼのとした北斎のアニマルたちに、癒されてみてください。

 

 

 

 

 

3章 絵ならではのアニマル

北斎が描く動物は、実際の動物の姿だけではありません。おもちゃとなった動物や、服の柄などにデザインとして動物が描かれたりもしています。

また、当時の小説には、動物の化け物たちも登場しますし、定番化された昔話などのなかで描かれる動物もいます。

他にも、北斎が生きた当時には、河童やかまいたちなどが実在すると信じられていたため、他の動物と変わりなく描かれているものもあります。

ここでは、動物園ではみることができない、絵画ならではのアニマルたちをご堪能ください。デザイン化されたアニマル、物語・伝説のなかのアニマル、こわいアニマル、未確認アニマルが皆様をお迎えします。

 

 

 

開催概要

○展覧会名:「北斎アニマルズ」

○会期:2019年2月5日(火)~4月7日(日)

◎前期:2月5日(火)~3月3日(日)

◎後期:3月5日(火)~4月7日(日)

※前後期で一部展示替えを実施

※休館日:毎週月曜日

2月11日(月・祝)開館、2月12日(火)休館

○主催:墨田区・すみだ北斎美術館

○お問い合わせ:すみだ北斎美術館

○観覧料:

一般1,000円<800円>

高校生・大学生 700円<560円>

中学生300円<240円>

65歳以上700円<560円>

障がい者300円<240円>

※< >は団体料金

 

 

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

学芸員が選んだ、至極の50作品を展示。すみだ北斎美術館にて 2020年9月15…

すみだ北斎美術館では、2020年9月15日(火)から11月8日(日)まで、「新収蔵品展 ― 学芸員が選んだおすすめ50…

若手芸術家のための支援事業がスタート! 初回は、泉桐子 個展「WE CAN’T…

横浜市民ギャラリーでは若手芸術家の発表機会を支援する「U35若手芸術家支援事業」が始まる。 初回は、 和紙や墨を用いて…

アフターコロナの時代、演劇の新たな可能性を示した 「巣ごもりシアター」。現在、…

新型コロナウイルス、そして感染拡大防止を目的とした緊急事態宣言下、新国立劇場は記録映像を無料配信するサービス「巣ごもり…

新型コロナウイルス 感染拡大防止のため延期となっていた「モネとマティス ーもう…

ポーラ美術館は、新型コロナウイルス 感染拡大防止のため、 4月3日(金)から休館していた。非常事態宣言解除を受け、6月…

新型コロナウイルス感染症対策のため公演休止の新国立劇場。観賞必須の名作揃いの「…

新型コロナウイルス に係る政府等の要請及び緊急事態宣言を受け、2月26日より全公演中止している、 新国立劇場。5月29…

現代のエコロジー思想に通じる宋元画。1000年前の空間表現に挑戦し続ける婁正綱…

世界各地にコレクターや熱烈なファンの多い、婁正綱(ろうせいこう)。「若き巨匠・婁正綱の世界展 ―コンテンポラリーアート…