人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

強い色彩表現と若さを感じさせる筆のストローク!佐藤翠「Diaphanous petals」展が、Diaphanous petalsにて開催。 

 

 

ポーラ美術館「アトリウム ギャラリー」にて、 佐藤翠「Diaphanous petals(ダイアファナス・ペタルス)」展を2019年12月15日(日)から2020年4月5日(日)まで開催。

本展は、 佐藤がやわらかな光の表現に挑んだ新境地の絵画作品を中心に、美術館での初個展となる。

 

 

佐藤翠(1984-)は、 服や靴などのファッションアイテムがひしめくクローゼットや、 装飾的な文様で覆われたカーペット、 そして色彩豊かな花々を、 油彩やアクリルで描くアーティスト。

ドレスやハイヒール、 花や果物など、 一貫して女性的なモティーフにこだわりながら、 正面観を意識した構図やコントラストの強い色彩表現、 身体性を感じさせる力強い筆のストロークによって、 独自の絵画表現を追求してきた。

個展やグループ展での作品発表のほか、 小説の装丁画や挿絵を手掛けるなど、 活躍の場を広げている。

 

 

 

本展では、 6点の新作を発表。

縦1.94×横2.59mにおよぶ《Diaphanous pink window I》を含む大作3点と、 これまでも連作として描いてきた花やカーペットをモティーフとした小品3点。

光溢れるショーウインドウを描いた大作3点では、 ガラス壁から自然光が差し込む開放的なポーラ美術館の展示空間にインスパイアされた佐藤が、 閉ざされた室内を暗示する色彩表現を用いた従来の「クローゼットシリーズ」から一転し、 やわらかな光で満たされた空間の描出に挑んでいる。

かすれた筆跡や滴り落ちる絵具の線、 油彩とアクリルが混ざり合うことで生じたにじみは、 光のきらめきや反射、 ハレーションのような効果を生み、 鑑賞者の眼を心地よく刺激する。

人工的に作り出された服を描きながらも、 透明な花びら(= Diaphanous petals)が重なり合うような儚さを感じさせ、 また規則的な服の連なりが多彩な色の線となり、 限りなく抽象的で軽やかな表現へと近づいていくのも、 彼女の作品の魅力だ。

 

 

 

2017年から翌年にかけてのフランス留学を経て、 古典的なモティーフにも興味を抱くようになったという佐藤。

本展は、 ヨーロッパ滞在による作風の変化や、 その成果をご覧頂ける機会となります。

作品に人物が描かれることはありませんが、 計算された構図の中で自立するショーウインドウの衣服は、 ポートレートにも似た存在感を漂わせています。

また、 花を描いた作品にも、 装飾性と同時に静物画のような古典的な要素を見出すことができ、 ヨーロッパでの生活が与えた影響を物語っています。

具象と抽象、 現実とイマジネーションの世界とを行きつ戻りつしながら、 絵画表現の魅力を追い求める佐藤の、 新たな作風の展開にご注目ください。

 

 

佐藤翠「Diaphanous petals」展 概要

現代美術の作家たちを紹介するHIRAKU Project*。

第10回目となる今回は、 ドレスやハイヒール、 花、 果実といった女性的なモティーフを、 軽やかな色彩感覚や力強いストロークによって表現するアーティスト、 佐藤翠をご紹介。

本展では、 自然光の差し込む展示会場とも響き合うような、 大型の最新作をご覧いただけます。

【会  期】 2019年12月15日(日)~2020年4月5日(日)

【会  場】 ポーラ美術館 アトリウム ギャラリー

【作品点数】 新作6点

 

佐藤翠(さとう・みどり)プロフィール

1984年、 愛知県生まれ。 名古屋芸術大学美術学部絵画科洋画コース卒業(2008年)、 東京造形大学大学院修了(2010年)。

平成29年度ポーラ美術振興財団在外研修員としてフランスに滞在。

服や靴が整然と並ぶクローゼットや、 四季折々の花や果物を油彩やアクリルを用いて描き、 具象と抽象の間を揺れ動く装飾的な絵画表現を試みる。

主な個展に「Glimmer of night」SCÈNE(東京、 2019年)、 「Bouquets」8/ART GALLERY/Tomio Koyama Gallery(東京、 2019年)、 「Orange glow」Green Flowers Art(パリ、 2018年)など。

2013年のVOCA展にて大原美術館賞受賞。

東京在住。

【作家ウェブサイト】

 

 

 

 

アトリウム・ギャラリー次回展のご案内

「ケリス・ウィン・エヴァンス」展(仮称)

会期:2020年4月23日(木)~11月3日(火)

 

 

 

ケリス・ウィン・エヴァンス

1958年、 ウェールズ生まれ。

ロンドン在住。 映像作家として活動を開始。

90年代以降、 言語や知覚をテーマとして、 ネオン管、 音、 鏡、 花火などを用いたインスタレーション、 彫刻、 写真など多様な作品を発表。

文学、 哲学、 映画、 音楽、 天文学や物理学など、 多岐にわたる分野からの引用を手がかりにした、 コンセプチュアルな作風で知られる。

近年の主な個展に、 ピレリ・ハンガービコッカ(ミラノ、 2019年)、 テート・ブリテン(ロンドン、 2017年)、 サーペンタイン・サックラー・ギャラリー(ロンドン、 2014年)など。

主なグループ展に、 ミュンスター彫刻プロジェクト(2017年)、 ヴェネチア・ビエンナーレ(2017年)、 あいちトリエンナーレ(2010年)、 森美術館「万華鏡の視覚」展(2009年)、 横浜トリエンナーレ(2008年)他。

 

 

 

同時開催 シュルレアリスムと絵画 ―ダリ、 エルンストと日本の「シュール」展 概要

古賀春江《白い貝殻》1932年(昭和7)ポーラ美術館蔵

2019年はシュルレアリスム誕生から100年の節目にあたります。

フランスで誕生したシュルレアリスムは、 理性の及ばない無意識の世界を表現することを目指して始まり、 日本の絵画にも独自の発展を促しました。

本展では、 この100年におけるシュルレアリスムの変遷と、 フランスから日本、 そしてアメリカ、 アジアへの広がりを約100点の絵画、 版画などによってたどります。

【会   期】 2019年12月15日(日)~ 2020年4月5日(日)

【開館時間】 9:00-17:00(入館は16:30 まで)

【休 館 日】 無休(展示替えのための臨時休館あり)

【所 在 地】 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285

【 T E L 】 0460-84-2111

【公式サイト】

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

学芸員が選んだ、至極の50作品を展示。すみだ北斎美術館にて 2020年9月15…

すみだ北斎美術館では、2020年9月15日(火)から11月8日(日)まで、「新収蔵品展 ― 学芸員が選んだおすすめ50…

若手芸術家のための支援事業がスタート! 初回は、泉桐子 個展「WE CAN’T…

横浜市民ギャラリーでは若手芸術家の発表機会を支援する「U35若手芸術家支援事業」が始まる。 初回は、 和紙や墨を用いて…

アフターコロナの時代、演劇の新たな可能性を示した 「巣ごもりシアター」。現在、…

新型コロナウイルス、そして感染拡大防止を目的とした緊急事態宣言下、新国立劇場は記録映像を無料配信するサービス「巣ごもり…

新型コロナウイルス 感染拡大防止のため延期となっていた「モネとマティス ーもう…

ポーラ美術館は、新型コロナウイルス 感染拡大防止のため、 4月3日(金)から休館していた。非常事態宣言解除を受け、6月…

新型コロナウイルス感染症対策のため公演休止の新国立劇場。観賞必須の名作揃いの「…

新型コロナウイルス に係る政府等の要請及び緊急事態宣言を受け、2月26日より全公演中止している、 新国立劇場。5月29…

現代のエコロジー思想に通じる宋元画。1000年前の空間表現に挑戦し続ける婁正綱…

世界各地にコレクターや熱烈なファンの多い、婁正綱(ろうせいこう)。「若き巨匠・婁正綱の世界展 ―コンテンポラリーアート…