人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

ガラス作家の稲葉知子と池谷三奈美のエキシビションを開催。2019年5月22日(水)スタート

 

 

国内外のクリエイターのプロダクトや現代の日本のものづくりなど、 ジャンルにとらわれず、 自由な切り口で集められたアイテムを紹介する、 CIBONE CASE 。

2019年5月22日(水) から店内ギャラリースペースにて、 ガラス作家の稲葉 知子と池谷 三奈美の作品を紹介。

「CASE: 22 ガラスとガラス 稲葉 知子と池谷 三奈美」を開催する。

お二人の共作も、 今回初めて登場する予定だ。

 

 

 

 

タイトル:CASE: 22 ガラスとガラス 稲葉 知子と池谷 三奈美

開催期間:2019年5月22日(水) – 6月18日(火)

作家在廊:5月22日(水) 10:30 – 16:00、 5月26日(日) 12:00 – 16:00 *両日お二人とも在廊いたします。

開催場所:CIBONE CASE(GINZA SIX 4F)104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 4F

営業時間:10:30 – 20:30(GINZA SIXの営業時間に準じます)

会期中のお客様お問い合わせ先:03-5537-3101(CIBONE CASE)

 

 

稲葉 知子

1989年生まれ。

2013年多摩美術大学彫刻学科卒業後、 青樹舎硝子工房で吹きガラスを学び始める。

特別なものではなくて、 毎日の日常で使われていくもの。

中に入るものや使う人が、 自然体で素のままでいられるものをつくりたいという想いを込めています。

シンプルな造形ながら、 一点一点、 その時々の日常を豊かにするための作品を吹き上げています。

 

 

池谷 三奈美

 

キルンワークという、 電気炉を使った技法で制作しています。

器やれんげなどは、 板ガラスを石膏の上に乗せて焼くことで成形するスランピングという技法で作られています。

ガラスというと高貴で、 少し手に取りづらいイメージがありますが気軽に手にとって、 ガラスの多様な素材感を楽しんでもらいたいと考えています。

ガラスでこんなものがあったら使いたい、 自分が欲しいなと思うものを主に制作しています。

型を使うことによってできる、 独特な質感と色あわせが特徴です。

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

学芸員が選んだ、至極の50作品を展示。すみだ北斎美術館にて 2020年9月15…

すみだ北斎美術館では、2020年9月15日(火)から11月8日(日)まで、「新収蔵品展 ― 学芸員が選んだおすすめ50…

若手芸術家のための支援事業がスタート! 初回は、泉桐子 個展「WE CAN’T…

横浜市民ギャラリーでは若手芸術家の発表機会を支援する「U35若手芸術家支援事業」が始まる。 初回は、 和紙や墨を用いて…

アフターコロナの時代、演劇の新たな可能性を示した 「巣ごもりシアター」。現在、…

新型コロナウイルス、そして感染拡大防止を目的とした緊急事態宣言下、新国立劇場は記録映像を無料配信するサービス「巣ごもり…

新型コロナウイルス 感染拡大防止のため延期となっていた「モネとマティス ーもう…

ポーラ美術館は、新型コロナウイルス 感染拡大防止のため、 4月3日(金)から休館していた。非常事態宣言解除を受け、6月…

新型コロナウイルス感染症対策のため公演休止の新国立劇場。観賞必須の名作揃いの「…

新型コロナウイルス に係る政府等の要請及び緊急事態宣言を受け、2月26日より全公演中止している、 新国立劇場。5月29…

現代のエコロジー思想に通じる宋元画。1000年前の空間表現に挑戦し続ける婁正綱…

世界各地にコレクターや熱烈なファンの多い、婁正綱(ろうせいこう)。「若き巨匠・婁正綱の世界展 ―コンテンポラリーアート…