人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

クック諸島を知っていますか? 日本人に向けクック諸島観光局が『ウェルカム・デビットカード』プレゼント・キャンペーンを開催!!

 

 

クック諸島観光局は、 2020年1月6日~5月31日の期間にクック諸島をご旅行される日本のお客様に向け、 クック諸島内(ラロトンガ島、 アイツタキ島)でお土産購入やお食事・お飲み物、 アクティビティーなどに使える「クック諸島 ウェルカム・デビットカード(お一人様NZ$50ドル分)」を、 ご旅行予約先着100組200名様にプレゼント。

この機会に是非、 南太平洋の秘密の楽園「クック諸島」への旅をご検討してみては。

 

 

 

クック諸島

 

 

南太平洋にある15の島々で構成され、 ハワイやタヒチと同じポリネシア文化圏に属する。

日本からはニュージーランドのオークランド経由、 またはタヒチ経由で訪問するのが便利。

南半球に位置するため季節が日本とは逆になり、  冬の時期がクック諸島の夏となる。

また熱帯海洋性気候のため一年を通して快適に過ごすことができ、 日本の夏の時期も最高気温は25℃前後で、 年間を通じて海で泳ぐことができる。

クック諸島全体の人口は18,000人、 治安も良くおもてなしの心を持つポリネシア人達が多く住んでいる。

 

 

 

観光の中心「ラロトンガ島」

 

 

クック諸島観光の中心は「ラロトンガ島」。

ラロトンガ島には国際線の到着する空港と、 首都アバルアがある。

 

 

クック諸島はニュージーランドからの観光客が多く、 高級リゾートを始めサービスの充実した宿泊施設が豊富にあり、 海や山など手付かずの自然を楽しめる様々なアクティビティーを体験できる。

ラロトンガ島全体を白砂のビーチが取り囲み、 島の至る所で素朴で美しい景観を楽しめます。

 

美しいラグーンが魅力の「アイツタキ島」  

 

 

ラロトンガ島から国内線で約50分の場所に、 もうひとつの観光名所「アイツタキ島」がある。

アイツタキ島の魅力はその美しいラグーンで、 信じられないほど美しいブルーの海や椰子の木の生い茂る無人島を楽しむ事ができるラグーンツアーを体験できる。

※テレビ番組『7つの海を楽しもう!世界さまぁ~リゾート』で紹介されました【2019年11月2日(土) TBS系列にて放送】

 

 

 

世界中の観光客を虜にしてきた海と砂州『ヘブン』

 

ラグーンツアーでは、 この世のものとは思えないほど美しい砂州『ヘブン』を見ることができる無人島『ワンフット・アイランド』に上陸。

白いパウダーサンドに、 見渡す限り広がる青く美しい海は、 まさに地上最後の楽園という言葉にふさわしい光景だ。

 

 

またワンフット・アイランドには無人島で世界唯一郵便局があり、 ここから絵はがきなどの郵便を出すことができます。

アイツタキ島のラグーンツアーは、 ラロトンガ島から日帰りでも参加可能で、 クック諸島滞在中に必ず体験すべきアクティビティーの筆頭と言えます。

 

美しい景色の中、 おもてなしの心を持つ温かいポリネシアの人々が暮らすクック諸島は、 まるで奇跡のような楽園。

クック諸島の人々は、 日本からの来訪を歓迎してくれるだろう。

 

 

キャンペーンについて

期間: 2020年1月6日~2020年5月31日まで(出発日ベース)

期間中、 日本の旅行会社の造成・販売するクック諸島旅行商品をご購入頂いた先着予約100組(200名様)に、 お客様1名あたりNZ$50(ニュージーランド・ドル)相当のVISAデビット・カードを進呈。 カードは、 国際線のラロトンガ空港到着時に係員より進呈されます。

 

キャンペーンサイトはこちら!!

※ 定員に達し次第キャンペーンは終了となります

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を生きる、
大人のためのマガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

新茶の香りとともに、初夏の都の魅力を紹介する「もうひとつの京都」。

新茶シーズン到来!お茶の京都・山城エリアの摘みたて宇治茶は栄養の宝庫!ウイルス・夏バテ対策には、効果アップが期待できる…

震災から4年。熊本城が着実に復興!空中回廊「特別見学通路」が本日6月1日(月)…

熊本城は、 2016年4月に発生した熊本地震により甚大な被害を受けた。 震災から4年・・・。 2019年10月の大天守…

千年の時を今に伝える荘園遺跡を後世に残すために。田染荘(たしぶのしょう)の荘園…

大分県豊後高田市の田染小崎地区で組織されている「荘園の里推進委員会」は、国の重要文化的景観にも選定された美しい中世の荘…

写真コンテストによる地域おこし。徳島県三好市が、フォトコンテストで地域の魅力を…

四国のほぼ真ん中に位置する徳島県三好市は、 四季折々の表情を見せる山並みや変化に富んだ渓谷美などの美しい自然に恵まれ、…

歴史が息づく「中世日根荘の風景」。日本遺産に認定された泉佐野市の魅力を是非。

令和元年に「旅引付と二枚の絵図が伝えるまち ―中世日根荘の風景―」が日本遺産に認定された。約800年前の荘園風景がその…

ちょっと買い物にドバイへ!2020年はショッピングフェスティバルと空前絶後の旅…

昨今ドバイは、 様々な世代に幅広く認知されている。今回、 定番のドバイの景色はもちろんのこと、 まだ広く知られていない…