人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

7月1日の立山夏山開きに合わせ、極上の避暑地で過ごす 「立山黒部・サマーフェスティバル」をスタート!

 

 

富山県と長野県とを結ぶ世界有数の山岳観光ルート「立山黒部アルペンルート」では、7月1日の本格的な夏山シーズンの到来を告げる立山夏山開きに合わせて、「立山黒部・サマーフェスティバル」がスタート!

立山黒部アルペンルートの最高所標高2,450mの室堂は、7、8月の平均気温が13~14℃と涼しさ満点、まさに極上の避暑地。

散策やトレッキング、ファミリーで楽しめるイベントなどに参加して、涼しい快適な雲上の別世界で、思い思いにプレミアムな夏体験を満喫しよう!

 

 

 

 

 

 

エメラルドグリーンに輝く黒部湖と黒部ダムの虹にかかる放水は、大迫力の涼感絶景。天然のシャワーでマイナスイオンを浴びよう。

 

 

2019立山黒部・サマーフェスティバル

~雲の上の賑やか夏フェス〜

乗り物で移動しながら快適に3,000m級の立山連峰を間近に望める、涼感の絶景鑑賞はもちろん、咲き誇る高山植物を鑑賞しながらの散策、立山の主峰雄山をめざす登山、立山をまるごと体感できる山の日ウィークなど、思い思いで楽しめる夏色のイベントが満載の立山黒部・サマーフェスティバルがスタート。

 

【立山登山キャンペーン】

雲上のパワースポット・日本三霊山の立山の主峰雄山をめざし、山登りの達成感と爽快感の醍醐味を味わってもらう、皆さまの立山登山を応援するキャンペーン!

開催期間:7月1日(月)~9月30日(月)

内容  :雄山山頂(標高3,003m)で登頂を達成した暁に撮影した記念写真や、頂上の雄山神社峰本社を参拝(参拝料500円)し登拝記念でもらった鈴旗をリュックに携えて、室堂観光案内所(営業時間:8:30~17:00)へ下山。

記念写真か鈴旗を呈示すると、オリジナルポストカードがもらえます。

標高3,003m雄山山頂、天空の社「雄山神社峰本社」

 

 

 

 

雄山神社峰本社

7月1日~9月30日期間開設され、山岳信仰の聖地でのお祓いとお神酒をいただく参拝は、神秘的で貴重な体験になるはず。

 

 

参拝記念にもらえる鈴旗

 

 

極上の避暑地・室堂に湧き出る、日本最高所の名水百選「立山玉殿の湧水」で喉を潤そう。

 

標高が100m上がるごとに気温が0.6℃低くなっていくと言われますが、真夏の富山平野部の気温が30℃に達すれば、標高2,450mの室堂は14.4℃、まさにそこは雲上の涼感天国。

爽やかな風を感じながら正面に雄大な立山連峰のパノラマを望み、清らかな湧水で喉を潤すひとときは、まさにプレミアムな涼感体験。

 

星にいちばん近い水3003「立山玉殿の湧水」

・立山の主峰雄山(3,003m)直下、立山断層破砕帯から湧出する、日本最高所の名水百選。

・立山に降り積もった雪が地層で200~300年もの歳月をかけて自然濾過され湧出する清冽な水。

・有機物が少なく、適度なミネラルを含んだコクと淡白なクセのない味覚の軟水。

 

 

立山黒部アルペンルートとは?

標高3,000m級の峰々が連なる北アルプスを貫く、総延長37.2km、最大高低差1,975mの山岳観光ルート。

そのほぼ全区間が中部山岳国立公園内に位置しています。富山県側の立山町「立山駅」から長野県側の大町市「扇沢駅」まで様々な乗り物を乗り継ぎながら「高さ日本一の黒部ダム」や「ルート内最高所標高2,450mの立山室堂」等のいくつもの景勝地を通って、気軽に雲上に広がる立山黒部の雄大な大自然や絶景を満喫することができる。

営業期間は、4月15日から11月30日までで、ルート内は一般車両の通行はできない。

雪の大谷で始まる春、多彩な花が咲き誇る夏、山々を彩る紅葉の秋…四季折々の雄大な自然を体感できる。

 

 

アルペンルート路線図

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE
PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

新茶の香りとともに、初夏の都の魅力を紹介する「もうひとつの京都」。

新茶シーズン到来!お茶の京都・山城エリアの摘みたて宇治茶は栄養の宝庫!ウイルス・夏バテ対策には、効果アップが期待できる…

震災から4年。熊本城が着実に復興!空中回廊「特別見学通路」が本日6月1日(月)…

熊本城は、 2016年4月に発生した熊本地震により甚大な被害を受けた。 震災から4年・・・。 2019年10月の大天守…

千年の時を今に伝える荘園遺跡を後世に残すために。田染荘(たしぶのしょう)の荘園…

大分県豊後高田市の田染小崎地区で組織されている「荘園の里推進委員会」は、国の重要文化的景観にも選定された美しい中世の荘…

写真コンテストによる地域おこし。徳島県三好市が、フォトコンテストで地域の魅力を…

四国のほぼ真ん中に位置する徳島県三好市は、 四季折々の表情を見せる山並みや変化に富んだ渓谷美などの美しい自然に恵まれ、…

歴史が息づく「中世日根荘の風景」。日本遺産に認定された泉佐野市の魅力を是非。

令和元年に「旅引付と二枚の絵図が伝えるまち ―中世日根荘の風景―」が日本遺産に認定された。約800年前の荘園風景がその…

ちょっと買い物にドバイへ!2020年はショッピングフェスティバルと空前絶後の旅…

昨今ドバイは、 様々な世代に幅広く認知されている。今回、 定番のドバイの景色はもちろんのこと、 まだ広く知られていない…